2016-05-30






真っ暗にした寝室のベッドの上で
両脇にそれぞれ子どもたちを抱え
息子の手を握り、娘の髪を指で梳く。

不自由だけど 幸せを感じる。


2016-05-29




半期に一度の大断捨離中
すぐいっぱいになるゴミ袋を見て、いかに不要な物に囲まれていたかを実感する。

持たない生活は不向きだけど
持ちすぎない生活は心がけたい

この二つは似て非なるものだと思う。


2016-05-14

lately






散歩道に咲く花が綺麗♡

今年の母の日は息子から「いつもありがとう」の言葉と共に似顔絵とメッセージカードを、夫からは花をもらった。

そして幼稚園の先生が母の日の話をしてくださっていたようで、買い物で寄った薬局で「それ、かーくんが持つよ」と荷物持ちのお手伝いもしてくれた。(先生に感謝!)

お手伝いはその日1日だけだったけど、幼稚園で先生から聞いたことを覚えていて実践してくれたことが嬉しかった。

お手伝い、ありがとう♡
夫からもらった花もまだまだ元気に咲いてくれている。
お花、ありがとう♡


+ + +


最近の日課は子ども達と3人でする夕散歩。

息子は幼稚園から帰ってきてしばらく家遊びし、その間に私は夕飯の支度をする。
その後、5時ごろから夫の帰宅を待っての夕飯まで小一時間、少し手が空くのでその時間に夕散歩に出る。

散歩をしてない時はこの時期手が空くとソファでゴロゴロしスマホを触ったりテレビを見たりしていたけど、そうすると当然子ども達(主に息子)がほおっておいてくれるはずもなく…
「遊ぼうよ〜」とかまって攻撃を仕掛けてくる。

ここでうまく相手をしてあげればいいんだけど、まだまだ修行の足りない私は何かに集中したくなるとそのかまって攻撃が非常に鬱陶しく感じる。
感じるだけでなく「一人で遊びなさい」なんて言葉までぶつける。
そしてしゅんとした息子の顔を見て、子どもよりスマホを優先させた自分にガッカリする。
ガッカリするけどまた同じ場面になるとやっぱり鬱陶しく感じてしまう。

何度もこういうことがあり、これはいかん!と散歩に出るようにした。
散歩に出るとスマホを触りたいと思わないし、歩きながら息子と歌ったりゆっくり話をしたり。
中でも最近のブームは息子がつくった「どんぐり君」という空想物語を聞くことがとても楽しい。
バギーに乗せた娘も宇宙語で一生懸命会話に参加してくる。

散歩途中で初めて会ったおばあさんにタケノコやえんどう豆を貰った。
普段通らない狭い垣根の間を通ったら、とても人懐こい犬がいて勝手にスヌーピーという名前をつけた。
風の強い日、空を舞うビニール袋を見つけて3人で追いかけたり、橋の上から葉っぱを落としてどちらの葉っぱが早く流れるか競争した。

思い返すと私が子どもの頃、よく祖父母と夕散歩に出た。実家はものすごーく田舎で、田舎の中でもまた更に人里離れた山の中に家があったから散歩道といっても何か特別なものがあるわけでもなかったけど、歩きながら祖母に花の名前を訊ねたり、道端に猫じゃらしやピーピー豆、くっつきんぼ(オナモミ)なんかがあって、そんなのをおもちゃにしながらブラブラと歩いた。
ただそれだけなのにとても楽しかった。
きっとその時の楽しかった記憶が今こうして子ども達と行く散歩に繋がっているんだと思う。

繋いだ手の温かさやギュッとした時の力強さ、バギーから覗く小さな足や小鳥のさえずりのような可愛い声をずっと覚えていたいなぁ。

2016-05-08








楽しかったゴールデンウィークも今日で終わり。
(息子は6日、幼稚園だったけど)

10日間夫にどっぷり甘え、家事も子育ても疎かにしたので明日からが怖い。


+ + +

4月から始めた家計簿。
ひとまず1ヶ月終えてみて、我が家の家計の改善点が色々と見えてきた。

ただ、改善点は見えても改善策は見えず…
頑張るしかないっす。。。